いいね! (記事が気に入ったらいいね!してね!)
読み込み中...

「脱白髪染め」のすすめ

白髪染めをされるお客様は多く、ご来店の回数も頻繁です。
さて、毎回の「カラー」を楽しみにしてみえる方は、どのくらいいるのでしょう…?

 

白髪染めを定期的に行うことに疲れていませんか?

こんなことあるのではないでしょうか?

・毎回根元の伸びた部分を同じ色で染めるだけで変化がない
・月1回のペースが面倒
・伸びてくるとすぐまた白髪が気になってしまう
地肌への負担が気になる。
・髪が傷んで艶がない

いっそ、全部白髪にできたらいいのに…
そう言ったお声もよく聞きますが、実際はなかなかハードルが高いですよね。
一気に老けて見えてしまい、なかなかオシャレなグレーヘアは難しい。

 

そんな方にオススメなのは、ハイライトやローライトのミックスカラーです。
しっかり染めたいというよりも、白髪をなじませておしゃれに見せたい方におススメのメニューです。
(ちなみに、白髪はやっぱりしっかり染めたい!という方には「グレイカラー2.0」(ファッションカラーでの白髪染め)が非常におススメです!!)

白髪があるキャンバスって、実はとても素敵な素材なんです。
白髪のない人には、なかなか出来ないデザインができるんです。
明るさを楽しんだり、色を楽しんだり、デザイン性を高めてさりげなくお洒落に・・・

毎回のカラーが楽しみになりますよね!
そして、伸びてくる白髪へのストレスもきっと軽減されます。

白髪染めをしていて、諦めていることもあるのではないでしょうか?

・暗くなった髪は明るくならない。
・透明感のある色にはならない。
・地肌のこと、気になるけどそれよりも白髪が…

Q:具体的にどんなことをする?

毛先はリミテッドブリーチという、「明るくなりすぎないけど、白髪染めでも色が抜けるやさしいブリーチ」でハイライトを入れます。

白髪染めをしている方のほとんどは、毛先が暗く濁っているので・・・

 

それから、グレイカラー2.0同様、ファッションカラーで白髪を染めていきます
白髪染め剤、使わなくても白髪も染まって馴染みます。
白髪染めの染料は色が濃く、後々髪にも残留しやすいので使わずに行きたいところです!

気になった方は一度相談して下さい(^^)